[子育て]沖縄県内市町村の子育て支援情報を更新

海の近くや、離島で子育てをしながら暮らしたい・・・そういうご希望をよくうかがうことがあります。理想の生活環境やロケーションをイメージして探すことも楽しく、夢膨らみますが、同時に、実際に暮らす際に市町村の子育て制度がどのようなものがあるかも、事前に調べておくことをおすすめします。

県内市町村の子育て支援例「こども医療費助成」「給食費助成」「出産祝い金」などの情報を令和2年度版として更新いたしました。

 
 更新された支援情報を見る(PDF)

県内市町村子育て支援制度の傾向


沖縄本島北部地域や小規模離島の中には、比較的医療費が中高生まで助成されたり、市町村立幼小中学校の給食費が無料の市町村もあります。中には公営の無料塾があったり、検定試験受験料の助成を行う市町村も。

助成例:
※抜粋。

名護市
こども医療費助成(高校生まで助成あり)
給食費無料

国頭村
こども医療費助成(高校生まで助成あり)

東村
こども医療費助成(高校生まで助成あり)
給食費助成あり
村民への体育施設等の無料開放あり

伊是名村
こども医療費助成(高校生まで助成あり)
検定受験料の半額補助
無料村営塾

粟国村
こども医療費助成(中学生まで助成あり)
給食費無料
出産や結婚、新築時に祝い金制度あり

 
 更新された支援情報を見る(PDF)

~沖縄の田舎・離島の子育て~

学校の様子

沖縄の田舎や離島では、生徒数が少ないため、学年の違う子供たちが一緒の教室で学ぶ「複式学級」の形をとっている学校も少なくありません。
(※複式学級になるかどうかは、学校・生徒数により年度ごとに変更になります)

平成29年度の移住体験ツアーで見学した石垣市北部地域の小学校。訪問当時、複式学級で全校生徒は23名でした。通常の授業だけでなく、クラブ活動や就学旅行など、少人数ならではの様々な工夫や特徴が見られました。

過去の記事を読む|学校見学の様子
おきなわ石垣市北部地域移住体験ツアーレポート①

地域で子育て

ご近所さん、時には地域や島の全員がお子さんの顔や名前を知っているぐらい、人と人の距離が近い沖縄の田舎。朝の地域掃除活動や伝統行事などの日常の中で、多くの人に見守られながらの子育てができますよ。

人口400人ほどの離島にある渡名喜村では、定期的に朝の「早起き会」があります。子どもたちも一緒に村内を綺麗に掃除します。

高校のない離島からは

中学を卒業すると、子供たちは島や親元を離れて、進学することも少なくありません。本島にある寮や先に本島へ渡った兄弟の元へ入ったり、アパートで一人暮らしを始める子どももいます。

沖縄の人は、中学を卒業した子供たちが島を離れること、また3月4月のこの時期を、「15の春」と呼び、子どもたちのこれからの頑張りや苦労を思い、また時には自分自信の当時のせつない気持ちを思い出す方もいらっしゃることでしょう。

[久米島町]2020年夏季 町内求人情報データを公開中!

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大の影響により、帰省や旅行が難しい状況が続いていますが、沖縄の離島・久米島へのUターンや移住をご検討するにあたり、ご参考頂ける求人特集データが公開中です。

詳細は、久米島町の移住・まちづくりサイト「久米島町島ぐらしガイド」をご覧ください♪


 リンク:久米島町 夏季の求人情報

第3段![特別企画]産品から知る”おきなわ島ぐらし”離島・地域のご紹介-宮古島特集-

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響下、おうちにいながら沖縄県産品を通して地域を知って頂こうと始まった企画ページに、新たに宮古島の品々を追加いたしました。

全商品まとめページはこちら

[2020.8.3更新] 宮古島産完熟アップルマンゴ―は、販売シーズン終了の為掲載を終了いたしました。多くのお問い合わせありがとうございます。

追加産品|

宮古島市

昨年は年間入域観光客数が113万人を超えるなど、観光地として大変人気のある宮古島。様々な多くの人が行き来することで、新しい名産品が次々に生まれています。どれも太陽と青い海、あたたかい人と空気を連想させるような品々ですので、お手に取って島の雰囲気を感じて頂ければと思います。

宮古島市の名産・特産:宮古上布、マンゴー、パパイヤ、宮古牛等
関連リンク: 宮古島市移住情報宮古島市観光情報 


マルキヨ味噌

奇跡的に残る宮古島の天然麹菌で作る宮古みそで、昔ながらの製法のまま手作りしています。味噌の酵母菌が生きているので、保存の仕方によってお好みの味に調整できます。よりまろやかさが欲しいときには常温保存して味噌を発酵させ、好みの味になったら冷蔵保存に切り替えます。
味噌づくりの見学も可能ですよ!お問合せ、ご注文は電話・FAXにて。


 販売サイト:なし(電話・FAXでお問い合わせください)
 販売元:マルキヨ味噌
 電話・FAX:0980-72-1816


疫病から人々を守るとされる妖怪「アマビエ」

疫病から人々を守るとされる妖怪「アマビエ」を作りました。平和を願いを込め拝んだ姿と、釉薬によりカラフルに彩られた鱗がとても愛らしいです。屋外でも屋内でも使用できる壁掛けタイプです。ひとつひとつ手作業で作り上げています。


 販売サイト:https://seasah.theshop.jp/
 販売元:シーサーモノガタリ
 電話:0980-75-0660


他にも多数ご紹介中!全まとめページをご覧ください!

おきなわ宮古島市保育士移住体験ツアー参加者募集

★★南の島の未来を担う子供たちを、一緒に育てませんか?★★

宮古島市では保育士として島に移住したい人に向けて、島の保育の実情を理解していただくためのツアーを実施します。

詳しい内容は、下記チラシをご確認ください。(PDFファイルが開きます)

↑画像をクリック!↑


 応募フォームはこちら!
 https://forms.gle/dM79X9nsGtjiNJaw6

★★ツアー内容概略★★

<日時>
①2020年9月24日(木)~26日(土)
②2020年12月17日(木)~19日(土)
※いずれも2泊3日

<募集定員>
各回5名ずつ(応募者多数の場合は、選考の上お知らせいたします)

<応募〆切>
一次〆切:8月10日(月)
二次〆切:11月1日(日)
※9月実施ツアーご参加希望の方は、一次〆切までにご応募ください。

<参加費>
現地移動費、宿泊費は無料
※居住地から宮古空港までの往復航空費、滞在中の食費は実費負担。(食費目安は2泊3日で6,500程度を想定)

★★重要なお願い★★
新型コロナウイルスの感染予防の観点から、ツアー中のマスク着用および定期的な手洗い・消毒をお願いいたします。
またツアー参加前に必ずご自宅での検温を行い、発熱や風邪の症状がみられる方は参加をお控えください。
ツアー実施前14日間以内に発熱や感冒症状で受診や服薬等をした方、感染拡大している地域や国への訪問履歴がある方も、ツアー参加への自粛をお願いいたします。
(「沖縄県主催イベント等実施ガイドライン」参照)

 
 問い合わせ先
 一般社団法人しまのわ 担当:平田
 090-3917-2973
 iju@shimanowa.org

保育士・介護士・福祉分野のお仕事情報(7月更新)

沖縄県福祉人材研修センターより、福祉分野の求人情報をお知らせ致します。

具体的な求人情報リストは、 以下のリンクからご覧ください。

求人情報リスト 2020年7月 PDF

記載の求人についてのお問合せは、下記センターまでお問合せくださいませ。
その他福祉のお仕事の無料紹介も行っております。

■お問合せ先

中南部・宮古・八重山の求人に関する問い合わせ先
沖縄県福祉人材研修センター
TEL: 098-882-5703 / FAX: 098-886-8474
E-mail: jinzai@okishakyo.or.jp

名護市福祉人材バンク
TEL: 0980-53-4142 / FAX: 0980-53-6042
E-mail:  nago-jinzai@welfare.city.nago.okinawa.jp

窓口開設時間
月曜日から金曜日まで(祝祭日、年末年始、職場面接会を除く)
午前9時~午後5時まで

[農業]令和2年度第1回沖縄県新規就農相談会の開催について

沖縄県では、沖縄県新規就農相談センターとの共催で、新規就農相談会を開催します。農業を仕事にしたいと考えている方へ、就農に必要な情報提供やアドバイス等を行います。農業に興味を持っている多くの方々のご来場をお待ちしています。

掲載元ページ


相談会概要

開催日時
2020年8月9日 (日)12時00分から16時00分まで

場所
名護市民会館中ホール(名護市港二丁目1番1号)

対象
沖縄県内で新たに就農を希望している、又は農業法人等への就職を希望している学生・他産業従事者・求職中の方

募集人数
特に制限はありません。

費用
無料

申込方法
事前申込不要。直接会場へお越しください。

※新型コロナウイルス感染症対策のため、
 ①来場前の検温(発熱している、体調がすぐれない方はご遠慮ください)
 ②マスク着用での来場
 ③入場時の手指消毒

についてご協力をお願いします。

主催者
沖縄県新規就農相談センター
(公益)沖縄県農業振興公社
電話番号:098-882-6801

(一社)沖縄県農業会議
電話番号:098-889-6027

※両機関では、電話による新規就農相談も承っています。

石垣市と官民連携で移住取組を行う「一般社団法人ゆんたくガーデン」をご紹介

石垣市にある一般社団法人ゆんたくガーデンは、これまで独自に八重山の自然や文化保護活動、移住定住事業を行ってきましたが、令和1年度より石垣市と官民連携を図りながら、移住定住取組を行っています。

当団体は令和2年度から、既に月2回のオンラインでの移住相談会をスタートさせるなどしており、移住希望者の方が気軽に相談できる機会が増えてきています。

ゆんたくガーデンでは、自然・文化保護の仲間たちが集う会も開催されています。

ゆんたくガーデンの情報や、運営理念などにつきましては公式ホームページを、

ゆんたくガーデン公式ホームページ

石垣市とゆんたくガーデンとの官民連携についての詳細は、石垣市移住定住ポータルサイトをご覧ください。

石垣市移住定住ポータルサイト|ゆんたくガーデンの記事

[沖縄県移住事業]空き家活用に向けた研修「共に考えよう!地域の空き家どう活かす?」開催のお知らせ

こんにちは。沖縄県移住受入協議会(事務局 県庁地域・離島課内)から、県内移住受入に係る方、地域にお住まいの方へのお知らせです。

令和2年度沖縄県移住・定住促進事業において、地域の受入整備を進める為の一環として、下記空き家活用に向けた研修「共に考えよう!地域の空き家どう活かす?」を開催いたします。

当研修内容に興味ある方はどなたでも参加可能です。詳しくは下記チラシをご確認の上、お申込みくださいませ。

↑チラシPDFをクリック↑

研修内容(全3回)

1 受講対象者

・沖縄県内の地域団体、自治会関係者、自治体職員等
・空き家活用を検討する事業者(個人含む)等

2 講座内容

①第1回目

日 時 : 2020年7月31日(金)14時~16時
会 場 : うるマルシェ会議室

テーマ
うるま市島しょ地域の空き家活用事例とそのプロセスを知る

概 要 : うるま市島しょ地域を題材に、複数のパターンの島の空き家活用事例を紹介すると共に、活用に至るまでの空き家探しなどプロセスを可視化する


②第2回目

日 時 : 2020年8月14日(金)13時~17時
会 場 : うるま市現地

テーマ
うるま市島しょ地域の空き家活用事例フィールドワーク

概 要
うるま市島しょ地域の空き家活用事例を実際に見学に行き、改装のbefore-afterなどを通して、様々な改修の手段を知る


③第3回目

日 時 : 2020年8月28日(金)14時~16時
会 場 : じんぶん館大研修室

テーマ
空き家活用の合意形成「空き家のリスタートに向けたプロセスや運用方法」

概 要
空き家活用の課題である大家や地域との合意形成について、特徴ある活用方法やプロセスを行った事例を取り上げ、そこに至る関係者との交渉内容や、実際に運営しての成功例や失敗例などを知り、空き家活用に向けて具体的な検討を行う

3 申込方法

令和2年7月20日(月)までに、下記申込フォームよりお申し込みください。

※お問い合わせにつきましても、下記受託事業者までお願いいたします。



 お問い合わせ先:一般社団法人プロモーションうるま 
 担当:平田直大
 電話:090-3917-2973
 Mail:n-hirata052@promo-uruma.com

[伊江村]Instagram 伊江島移住情報サイトをはじめました!

伊江島の移住情報を発信するInstagramをはじめました。
いままで、移住に関する情報がなく不安に思っていた方も、検討材料にしてほしいと思います。
移住に関する情報を見てコメントしたり、ダイレクトメッセージで気軽に移住担当者とトークもできるのでご相談できる機能としてご活用ください。

【公式】沖縄伊江島移住情報サイト(iejima_iju_official)

↓Instaアイコンをタップ!又はQRコード読み取りからアクセスください!

伊江村はこんなところ

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ferry-1024x585.jpg

沖縄本島から30分程で行くことができる離島「伊江島」にある、人口4500人が住む村。4月末からが見ごろのゆりの名所として、また美ら海水族館からも望める、シンボリックな城山(タッチュー)のある島としても知られています。島産のサトウキビから作った黒糖やラム酒、昔は主産品でもあった落花生から作る、島独自の素朴なお菓子の数々など、名産品も沢山あります。

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: ie_people-1-1024x636.jpg
画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: IMG_20200111_134027-コピー-2-1024x792.jpg

観光がきっかけで島に移住する方も出てきており、村の伝統行事や、島外の方も参加してのマラソン大会、積極的な島産品開発や観光事業等を通して、昔から暮らす住民と移住者との交流や協働も進んできています。

おきなわ島ぐらし内|伊江村の移住情報

伊江村観光サイト

伊江村に移住相談をご希望の場合はこちらをご覧ください。

2020年6月30日投稿記事|[伊江村]オンラインの移住相談室の開設のお知らせ