岡本 光代(おかもと みつよ)さん

先輩移住者インタビュー

佐藤 光春(さとう みつはる)さん職業:東村老人会副会長
大分県出身(移住年:2009年)
家族構成:妻(子供二人は独立)

理想を求めたゆるやかな暮らしで
地域へも恩返し

東村は「やんばる」と呼ばれる本島北部地域でも最も人口の小さな自治体で、パインの生産高が日本一という豊かな自然に恵まれた静かな村。佐藤さんはそんな東村に移住し、移住後7年で村老人会の副会長までやられるなど、地域にしっかり溶け込んだ移住の先輩です。酒造会社で品質管理の仕事をされていましたが、転勤族だったこともあり、出張でも世界各国をみていたので、定年後には暖かい所にゆっくり住みたいという思いがあったとか。

佐藤 光春(さとうみつはる)さん

じっくりと自分の人生と向き合う時間が欲しいということで、移住先としてスペインのバスク地方を候補としていたようですが、奥様の「国内が良い」という意見に押し切られるかたちで沖縄に変更。人が多くない北部地域に絞って北から順に空き家を探して周り、一月に一回は来沖していたということです。国頭・大宜味や今帰仁と南下し探しましたがなかなか見つからず、どうしようかと考えていた時に東村から待望の空き家の連絡がきて2009年に移住が実現。家を探し始めてから1年あまりかかったそうです。

やんばるでの暮らしや地域への関わりについて、佐藤さんに詳しくお話を伺いました。

東村では農業を始められたということですが?

佐藤 光春(さとうみつはる)さん

もともと自然薯が好きだったこともあり、農業をやってみたいという思いがありました。ずっと技術者でしたからね、実験しながら進めていくというのは性に合っていたと思いますし、設備保全の考え方も染み付いていたのでしょうね、リスクをどう回避するかということは農業でも大事ですから、そのあたりは近いものがあるかなと思います。900坪の土地を購入して、今は450坪を畑として使っています。東村はパインで有名な土地ですが、そこで皆さんと同じくパインを大規模に作るのは、新規就農としてはあまりにもリスクが有るし、周囲の人に助けられているので彼らがあまり作っていないものを出来た分だけおすそ分け出来るようにということで、クーガイモという珍しい種類のものやエビイモなどに挑戦しています。また果樹も栽培したくて、島バナナも植えていますが、1番進めたいのはナツメヤシ。スペインでは主食になっている作物で、これ一本で家族が食べられるのでとても将来性があると思います。まだなかなか育たなくて苦労していますが、植物園に行って職員からヒアリングをしたりと自分なりにがんばっています。

農業以外にも生きがいがあると伺いましたが?

今は村の老人会副会長をやらせてもらっていますが、もちろんすぐになったわけではないですし、地域の人への恩返しの気持ちが強いですね。そもそも東村に来た当初は知り合いが一人もおりませんでしたのでね。まずは自分が住んでいる土地の方に覚えてもらおうと、地域の班長から率先してやりましてね。その次に宮城区の老人会に入って、老人会長もさせていただいて、更には東村の老人会副会長までさせていただくようになって。特に老人会の活動はボランティアなんですが結構頻度も多くてですね、年に8回大きなイベントもやっていたりして忙しいんですよ。宮城区のエイサー活動にも参加して、皆さんに教えてもらって。農業と老人会活動は日々の生活の中で半分ずつくらいという感じでしょうか。

 あと大変生きがいを感じているのは、小学校や老人ホームでの読み聞かせ活動ですね。特に週1回の学校での読み聞かせは子どもたちが楽しみにしてくれていますし、成長も見て取れますから嬉しいですね。
大阪の羽曳野に家はありますが、もともとは大分の田舎の出身なものですから、地域の近さというのは懐かしいものですね。東村は人口が1800くらい、宮城区の人口は300くらいですかね、寂しい気もしますが顔を合わせたらお互いがわかるくらいの人数が私なんかには丁度あってますよ。

■移住してから出来た沖縄の知人

100人以上おかげさまで多くの方に助けられながら生きております。地域の仕事をしているので知り合う機会も多いですね。

■移住の満足度

100点以上もう最高ですね、とても地域の人に良くしてもらっていますから。100点に花丸を付けたいくらいです。

先輩移住者インタビューの輪

Facebook
沖縄移住定住に関する情報を幅広く発信中!