沖縄移住へのステップ

沖縄暮らしを実現するまでには、いくつかのステップを踏む必要があります。

そのプロセスは人それぞれですが、ここでは、基本となるステップをご紹介します。
ご自身がいまどの位置にいるのかも確認してみましょう。

ステップ1

なぜ沖縄暮らしをするのか?

「都会生活に疲れたから沖縄でのんびり暮らしたい」という理由だけではダメ。移住する目的や場所、生活スタイルなどをはっきりさせることで理想の暮らしに近づけます。

ポイント

「沖縄のことはよくわからないけれど、行けばなんとかなる」は禁物です。

ステップ2

家族やパートナーの合意

単身移住ではない限り、家族やパートナーの考えも尊重しましょう。
家族の反対を押し切っての移住や、夫が夢中・妻は無関心での夫婦の意見に食い違いがというパターンも。

ポイント

じっくり話し会える場を持ちましょう。

ステップ3

条件を書き出してみましょう

沖縄暮らしの条件は人それぞれ違います。サーフィンが趣味の人であれば海の近くが好都合ですし、高齢者であれば総合病院が近いと安心でしょう。自分の条件を書き出してみましょう。

ポイント

譲れない条件を3つあげてみましょう。

ステップ4

情報収集をしましょう

住みたい地域を絞り込めたら、その地域の生活環境や気候をはじめ、生活するにあたって必要な子育て支援や医療施設などの情報を集めましょう。

ポイント

インターネットでの情報収集はもちろん、各市町村へ問合せするのも一つの方法。

ステップ5

まずは、現地でお試し生活

いきなり移り住むのは不安なものです。旅行気分でショートステイをしたり、各地で行っている体験ツアーなどに参加することにより、地域の方と交流をしましょう。

ポイント

現地の生活を経験することが成功への道です。

ステップ6

住居をさがしましょう

いきなりマイホームを購入するのもいいですが、とりあえず賃貸で暮らすことをおススメします。物件を見学する際は、水周りを中心にしっかりチェックしましょう。

ポイント

スーパーや学校など、周辺の情報も一緒に確認しましょう。

ステップ7

仕事をみつけましょう

沖縄暮らしを支えるための収入は足りていますか。ハローワークなどで就職先を見つけたり、新規就農するという方法もあります。

ポイント

移住してから仕事を見つける場合、十分な生活費(半年~1年分)を準備しておきましょう。

ステップ8

移住するまえに準備しておこう

引っ越し費用などは、予想以上にかかります。地域性を考えたうえで計画的にマネープランをたてましょう。また、沖縄は車社会です。生活をしていく上で、運転免許がないと不便なことも多いのでご注意を。

ポイント

いざという時のために貯蓄が必要になるでしょう。

ステップ9

さぁ移住!挨拶まわりを

無事に引っ越しが済んだら、近所へご挨拶をするとともにその地区の区長(自治会長と呼ぶ場合も)を紹介してもらいましょう。行事や地域の仕事など都会とは違った参加行事を教えてもらいましょう。

ポイント

その地域にあった近所付き合いをしましょう。

那覇市 (「那覇大綱挽まつり」の様子)

那覇市の基本情報

Facebook
沖縄移住定住に関する情報を幅広く発信中!