サイトからのお知らせ

<募集開始> 【ステップ移住】 粟国島で伝統行事やお仕事を体験しながら、島ぐらしの可能性を探るツアー

>>こんな方にオススメ!<<

  • 粟国島をより深く知りたい方
  • 島の人との交流を楽しみたい人
  • 島の伝統文化を体験してみたい方

  沖縄に移住した、あなたの満足度はいかがでしょうか?本当は、もっと自然豊かな、沖縄の昔ながらの風景が残る田舎暮らしをしてみたい、そんなお気持ちはありませんか?沖縄県では、既に沖縄の都市部へ移住した方を対象に、離島など、より田舎への更なる移住を後押しする「ステップ移住ツアー」を企画しました。ツアーを通して、仕事見学と住まいの下見が出来、更に地域住民との交流も出来ます。

  今回ツアーが行われる粟国村は、今も行事の多くが旧暦で行われており、その中でも旧暦大晦日の晩から元日に行われる「マースヤー」行事は、三線と踊りで地域内の各家々を練り歩き無病息災と五穀豊穣を願うもので、島出身者も含め多くの人がこの行事を楽しみにしています。

  今回はこのマースヤーを実際に体験して島の文化を理解していただくとともに、島での仕事や住居について地元の方からお話を聞き、移住に向けての具体的なイメージを掴んでいただきます。今すぐ移住は出来ないけれど、長いスパンで考えてみたいという方も大歓迎です!ご応募お待ちしております。

~粟国村はこんなところ~

那覇市泊港から、フェリーで約2時間のところに浮かぶ、人口700人ほどの一島一村の島。かつては粟が中心作物だったことからこの名が付いたと言われており、周囲12キロほどの小さな島ながら、平坦な土地とダイナミックな地形を併せ持つ島で、本島から離れているからこそ、豊かな海や昔ながらの沖縄が今も残っています。

 

[行程]

1日目:那覇泊港に集合した後、全員でフェリーに乗って粟国島へ!(約2時間)

オリエンテーションの後、早速マースヤーの準備へ。夜からは島の人の案内の元、実際にマースヤーを体験していただきます。

2日目:朝までマースヤー体験ののち、午前中は仮眠をとっていただきます。午後からはお仕事体験で製糖工場と牛舎見学へ。粟国で働くリアリティを体感していただきます。夜は交流会♪

 

3日目:島内の福祉施設や住宅見学、午後は島を観光した後、フェリーで泊港へ。お疲れさまでした!

※ツアー内容は天候等の事情により変更になる可能性もございます。あらかじめご了承ください

 

■概要■

 

開催日 :2019年2月4日(月)~2月6日(水) 2泊3日

実施場所:沖縄県粟国村

集合場所:那覇市泊港   2月4日(月) 9:00集合

      ※9:55発予定のフェリーに乗船しますので、遅れないようにお願いいたします。

解散場所:那覇市泊港  2月6日(水) 17:00解散

      ※粟国港を15:00に出発する予定です。

※往路、復路ともフェリーの発着時間は2018年11月現在で未確定です。確定次第、参加される方には改めてご連絡いたします。

 

参加費 :無料になるもの(泊港からの移動費、宿泊費、諸体験費)

有料になるもの(食費・交流会費)

 ※ 居住地から泊港までの往復交通費は実費負担

 ※ 食費の目安: 朝1回、昼食2回、懇親会1回として、4,000円~5,000円程度

  (1日目昼・夕食等は準備~マースヤーの中で随時取る予定です)

 その他:現地移動費、現地体験費、現地コーディネーター費、諸経費(保険料など)等は本プロジェクトで負担いたします。

 

定 員 :8名程度

      ※ 同伴者随行希望の場合はその旨を申し込みフォームに記載ください。

      ※ 応募者多数の場合は、選考の上お知らせ致しますので、予めご了承ください。

対象者 :・既に沖縄に移住している、沖縄県外出身者(県内出身者も、現在県内在住であればご応募は可能です)

参加条件: ・ツアーについての事前/事後アンケートにご協力いただける方。

      ・ツアー内で撮影した動画や写真の、県が認めるメディア等での肖

       像権利用を許諾いただける方

      ・ツアー後、移住情報などの連絡をご了承いただける方

応募〆切:2019年1月14日(月)

※〆切後、1月17日(木)頃までに事務局から参加の確定のご連絡をいたします。

応募方法:申し込みフォームに必要事項をご入力の上、お申込み下さい。

     お申し込みフォームはこちら→ https://goo.gl/forms/yKjgbEkzraHx3eFD2

 

事業名 :平成30年度沖縄県移住定住促進事業/沖縄県企画部地域・離島課

Facebook
沖縄移住定住に関する情報を幅広く発信中!